サービス内容で選ぶべきソフトが違う

一口に介護ソフトと言ってもサービスによって使いやすい機能は異なってきます。そのため、ASPの介護ソフトを選定する際はサービスに合うものかどうか逐一チェックすることが求められます。

事業者に人気のソフト

no.1

初期費用がかからないお手頃ソフト

一人で事業をしている人はもちろん、いくつものサービスを取り扱っているところで活躍します。ASPの場合、使う機能を絞り込むことができるため、パッケージより安いのはそのためです。操作が非常に簡単なので、ソフトを扱いなれていない人にも最適でしょう。また、使用するパソコンに制限がなく、定額制ですから余分な出費を抑えることにも長けています。

no.2

サポート体制バッチリ!安心して使えるソフト

使い方の説明やアップデートの反映、そしてソフトの事や介護現場をよく知るスタッフが責任をもって導入後もしっかりサポートします。また、ASPの特性を十分にいかし、状況の把握を迅速に行ないます。緊急時に関しては電話だけではなく、メールやファックスにて24時間いつでも受け付けています。何かあった時に助かるこうしたサポートはソフトを購入する条件の一つとして設定されています。

no.3

様々なことに対応する万能ソフト

通所介護を始め、訪問介護や支援活動に最も適したソフトが3位に上がっています。これから介護業界へ参入するという方やコスパを優先したい小規模事業などにとても向いています。複数の人物が使っても追加料金がかからず、国連保への連絡や伝送においては、サーバーから可能なので回線を新しく引く必要はありません。

ソフトの選び方

老人

比較サイトを利用しよう

ランキングにあるような万能型タイプのASP介護ソフトは、比較サイトにて詳しい情報を掲載しています。どういった部分で活用できるのか、導入にかかる費用の有無や業務に必要な帳票の充実性など、導入する上で欠かせない情報が盛りだくさんです。介護事業者に人気があるソフトが揃っていて選びにくいですが、どれを取っても失敗しません。

お試しで使ってみる

実際に使ってみないと介護ソフトの使い勝手をより詳しく知ることは難しいので、体験版や資料請求を行い、より詳しく見ていきましょう。体験版に関しては、月使用可能なので、検討するには十分な期間と言えるでしょう。比較ポイントは一つではなくいくつものソフトを体験することです。そうすれば、介護ソフトそれぞれの良いところと悪いところを収集することができます。

広告募集中